« 終盤力強化 | トップページ | オセロRPG »

2009年9月 9日 (水)

形の知識では勝てない形?

白番

Tmp_2  

 

 

 

この局面を頭の中でイメージしていたとき、私は黒勝ちと判断していました。

でも、G1H7B8C8G8G7B1と進むと・・・

Tmp2  

 

 

 

私の読みでは、ここで黒A2とうって黒勝ち。と決着してたんですけど、そうすると次の白B7でラインとおっちゃうんですね汗

最初の局面でブラックラインのケアをするっていう「形の知識」はちょっと無理がありそうです。
逆に、白B1の後に黒A2とラインを維持するのは「形の知識」として私は認識しています。

・・・ここまで書いてて、過去にも同じような手順を見たことがある気がしてきました。

・相手がC打ちでラインきり→自分もC打ちでライン維持。って手順のときは結構な確率で、中央4石のどこかをひっくり返す。
・中央4石の石がひっくり返るときは一見ケアをしなくてもよさそうなラインがケアが必要な形になりやすい。

よって、今回のA2のような手を打つときは、ラインへの意識が必要?

・・・うぅーん・・・

|

« 終盤力強化 | トップページ | オセロRPG »

コメント

さらに読むと白b7のあと、黒g2で形としては面白くなりそうですね。ホワイトラインは確保できます。
上と右の列が白、左と下の列が黒、ラインはそれぞれ1本ずつとりあって、黒は逆偶数確保。
残りは中身がどうか?とすると、微妙な勝負にはなりそう。
((解答見てないので)読み違いはない、よね・・・??)
ダイナミックに石がひっくり返る終盤なので、数えるのも困難。
とすれば、このういう試合の勝負どころは中盤?と考えるべきでしょうか???

投稿: かーく | 2009年9月 9日 (水) 23時44分

これは形から来る勝率や経験則に騙されてる気がします。

最初の局面を見て、僕も黒勝ちだと思いました。
白 g1 から成る連打筋は、黒にとって勝ちやすい形ですよね。

でもぱっと見た感じでは、手数的に互角にも見えます。
あくまで黒に勝てる因子が多く見えて、過大評価したに過ぎず、
数手前に遡ると、想定する結果と形勢が一致しないと思います。

つまり、数手先で読み落としが待ってるというより、
「今まで互角だったら僅差になるはず」な意識も持てそうです。

投稿: reishi | 2009年9月10日 (木) 15時29分

>かーくさん

32-31で白勝ちっぽいです。答えを忘れていたのでいま改めて数えましたが、ある程度の時間があれば間違えずに数えられそうな印象です。僅差なんで何度か数えなおさないといけないでしょうが。。。

>れいしくん
>「今まで互角だったら僅差になるはず」

今までが互角っていうのが形勢判断ミスなのか、今の局面が有利って思っているのが形勢判断ミスなのか、わからないんですよね・・・

投稿: しん | 2009年9月10日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終盤力強化 | トップページ | オセロRPG »