« 2008年12月 | トップページ

2009年9月10日 (木)

オセロRPG

http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=9479&c_num=14

こんなのあるんですね。

昔ファミコンソフトに、戦闘が麻雀のRPGがあると話に聞いて、オセロでも出来るんじゃないか?って思っていましたが、本当にありました。

私はソフトバンクじゃないので遊べませんが。。。ちょっと気になる(笑)

| | コメント (78)

2009年9月 9日 (水)

形の知識では勝てない形?

白番

Tmp_2  

 

 

 

この局面を頭の中でイメージしていたとき、私は黒勝ちと判断していました。

でも、G1H7B8C8G8G7B1と進むと・・・

Tmp2  

 

 

 

私の読みでは、ここで黒A2とうって黒勝ち。と決着してたんですけど、そうすると次の白B7でラインとおっちゃうんですね汗

最初の局面でブラックラインのケアをするっていう「形の知識」はちょっと無理がありそうです。
逆に、白B1の後に黒A2とラインを維持するのは「形の知識」として私は認識しています。

・・・ここまで書いてて、過去にも同じような手順を見たことがある気がしてきました。

・相手がC打ちでラインきり→自分もC打ちでライン維持。って手順のときは結構な確率で、中央4石のどこかをひっくり返す。
・中央4石の石がひっくり返るときは一見ケアをしなくてもよさそうなラインがケアが必要な形になりやすい。

よって、今回のA2のような手を打つときは、ラインへの意識が必要?

・・・うぅーん・・・

| | コメント (3)

終盤力強化

終盤力といわれているものが具体的に何を指すのか難しいところですが、「読み」と「形への知識」がそこに含まれているのは確実だと思います。

このうち「読み」に関しては、才能の比重が非常に大きいと思います。
もちろん練習によって向上しますが、数式にするなら以下のような式でしょう。

「読み」の力=「係数」×練習量 + 「初期値」

この「係数」は人によって差がある項目ですが、自分にとって練習量で吸収できる程度の差しかないと思っています。(自己暗示)

でも、一部プレイヤーのそれには勝てないと認めざるを得ません。
となると「形への知識」でカバーするしかありません。

そのためには、「こんな手順で勝てるんだよ」っていう終盤問題を解く、もしくは作るのがいいと判断しました。Tmp

前置きが長くなりましたが、以下終盤問題。

黒番です。

 

おまけ:
iアプリ、終盤オセロ道場のLV4の7問目が全く解けませんでした。
この問題では自分から打てない1個空きを天王山とのお見合いになるよう加工する手順が必要でした。
こういう相手余裕手の裁き方がある。と普段から意識していれば、問題を解くことが出来たかもしれません。

| | コメント (4)

« 2008年12月 | トップページ