« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月14日 (水)

経験を積むこと

以下、コメントへの返事を混ぜながら

らいとん君の純粋なオセロの能力が非常に高いがゆえに弱点のメンタル面等が際立って見えるのかも知れませんな。
メンタル面をコントロールするのは技術で、日頃から短い時間で「良いメンタル状態」に自分を誘導する練習をすると良い。
・・・って趣旨を、漫画で今日読みました(笑)
それだと、20秒で自分が絶好調だった時を具体的に思い出す。って方法だったかな。

じばくさんとらいとん君は本当に両極端だなぁって思います(笑)
二人の長所を合わせたら全国大会優勝候補になること間違いなしだと思う。。。

すりっぱ君のコメントを読んでいて某アーチェリーのベテラン銀メダリストの発言を思い出しました。
それは「経験豊富であることはマイナス要素である」って趣旨の内容です。
根拠は、経験豊富ということは悪い経験も豊富だから。だそうです。
最初にこの発言を聞いたときは、それなりに説得力があるけど本当にマイナスかなぁ?って程度の認識でした。

>「自分には読みの部分の才能が欠けてる」と考えてると思うのですが、実はそう思ってしまうことが、自分の伸び代をなくしていて

すりっぱ君のコメントのこの部分、これは経験を積んだことで生まれてくる発想なんじゃないかと思います。
私の場合、大会に出始めた頃は自分の読みの能力とトップクラスの読みの能力にそんなに差があるとは思っていませんでした。これはトップクラスと読み合いの対局を経験してなかったからでしょう。
なので、「さっきの手すごいいい手だったねぇ」とかちょっとほめられたら「こういう手を打てる自分は強いんだ」って素直に自分の才能を信じることが出来ました。(笑)
今は・・・仮にほめられても、「まあ、そうは言ってもXXさんあたりなら普通に打つ手だよな」って程度でしょう。

自分の才能を信じることは能力を上げるために必要な要素の一つかもしれません。
・・・が、経験が信じることを邪魔をするわけですな。
経験から生まれるマイナスイメージを振り切るためには、例えば「今回はこれだけ練習したんだから大丈夫だっ」って自身の根拠となる行為が一つの手段かもしれません。
(ただし、一度その手段を使って結果が伴わないと、それも負の経験となってしまう)

まあ、なんにせよ練習しなければ成長しないのは確かだと思いますが。

>1つは弱点を放置しないこと

 これに関しては対処しているつもり。

>気の抜ける瞬間を作らないこと

 これは難しいですね・・・抜けまくりです汗

| | コメント (3)

2008年5月11日 (日)

オセロの能力を決める要素

以下個人的意見(思いつき)

オセロの「能力」を決める要素は、「定石」、「読み」、「形勢判断(1手読み時)」。
他にもメンタル、勝負勘、運、等々ありそうだけど、純粋にオセロの能力に関してだけなら上記の3つかな、と思います。
オセロの「強さ」を決める要素には、「能力」のほかに、メンタル他駆け引きの上手さなんかも含まれそうですが。

<読みとは>
・局面イメージの正確さ
・局面イメージの速さ
・局面イメージの持続性

持続性ってのは、一度イメージした局面をそのまま頭の中に残しておく能力。
自分の場合はこの部分が弱くて、それなりに早く正確に少し先の局面をイメージできるんですが、すぐにイメージが崩れていってしまうため深く読むことが出来ません。(深く読むためには長時間イメージを保持する必要がある)

<形勢判断(1手読み時)とは>
・形に関する良し悪しの知識
・手筋(勝つために有力な手順の知識)

形の良し悪しに関する知識って言うのは、例えばウイングは悪い。山は良い。とかそういうもの。
手筋ってのは、例えばウイングがあったら星打ちして隅を取らせると割り込んで辺をとることができる。とかそういうもの。

 

いくら正確に早く局面をイメージできても、イメージした局面が良いか悪いか分からなければ意味がありません。また、良い悪いが分かっていたとしても良い形をどう処理すべきか、悪い形はどう解消すれば良いかを知らなければ勝てなさそうです。

逆に、「この形は良い形で、こうやって処理すればいいんだ。」って分かっていたとしても、良い形悪い形というのはあくまで「そういう傾向がある」程度のもので、必ずしも勝ち負けにつながるわけではありません。良いと思っていた形が、数手進むことで実は良くなかったなんてのは良くあることです。
例、山で良い形だ。と思っていたら隅を取られて辺も取られた。

 
読みの項目には才能の限界がある。そして自分の才能はトップクラスに及ばない可能性が窮めて高い。(たぶん低段者レベル)
となると、形の知識、手筋を身に付けるしかないんだなぁ。でも、読みを伴わない知識にもやはり限界があるよなぁ・・・
伸び代はどこにあるだろうか・・・

| | コメント (4)

2008年5月10日 (土)

レーティング

最近の私のレーティングは、大抵1300~1450の範囲に納まっています。(1300はちょくちょく切るけど、1450は極稀にしか超えないので、ちょっと見得はってますdash)

全国大会である程度安定して活躍するには、1350~1500の範囲で推移するくらいの実力が必要かなぁ。1400~1550の範囲になれば全国大会上位の常連になれそう。(個人的基準)

ということは、今より平均レート100上昇すれば全国大会で上位を安定して狙えるわけです。
レート差100ってことは、確か3戦で上位者が2勝する時のレート差なので、今の自分に2勝1敗ペースで勝てるようになればいいわけです。

・・・なにをどれくらい向上させれば自分に2-1できるかが分かりませんがね汗

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »