« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月19日 (火)

高校数学を思い出して

まずはじめに、岐阜ターミナルOPに参加された皆様、ありがとうございました。
不慣れな運営で不満もあったかと思いますが、ぜひ懲りずにまたの参加をお待ちしております。(次回開催日は未定ですが^^;)

 

連盟レーティングに関して、私の認識が間違っていなければ以下の意味があったはず。

二人のプレイヤーが何回か対局をした際に
<レートがXの人の勝数> : <レートがYの人の勝数> = 2^{(X-Y)/100} : 1
を満たしているとレートの変動がないはず。

これがあっていると仮定して、連盟HPのレート情報と勝率情報を使えば、各プレイヤー対戦相手の平均レートを導けそうです。
もっとも、対局数が多い人の勝率はあまり変動しないのに対して、レートの変動は非常に大きいので、あくまで参考値になりますが。

・・・

とあるプレイヤーの勝率をα%、レートをβとした時の平均対戦相手レートγは

γ=β-100ln{α/(100-α)}/ln2

このγ値が高いほど、強い相手と多く当っている。といえる気がします。

レート上位100人中この値がもっとも大きかった人はレート7位のI四段でγ=1344。
以下同3位のN八段が1332、同12位のI三段1319と続きます。

ちなみに私はγ順位12で1273ですが、これは直前でレートが大きく(117)上がっていることも影響してそうです。(前述のI四段も105、I三段も111あがっている)
直前でレートが下がっている人でγ値が高いのはレート11位のW三段。

・・・と、仕事中にふっと思いついたので適当に計算をしてみましたが、私は統計関係の知識は全くありませんので、的外れな計算をしている可能性も大いにあります。

指数に変数を含む方程式の解法にLOGを使うんだったなぁ、そういえば。と懐かしかったのでこのタイトル。・・・あってるよね?汗

| | コメント (5)

2008年2月16日 (土)

岐阜ターミナルOPのコンセプト

岐阜ターミナルOPは、11時に始まって、17時過ぎに終わります。

20分持ち6回戦にしては開始時間が早く、その割に終了時間も遅いです。

というのも、対局ー対局間の時間が長いからです。昼の食事休憩時間が長いことも理由の一つでしょう。

対局間時間が長い理由は 対局後の検討をしてもらうためです。もちろん強制するものではありませんが、局後の検討で相手の考え等を聞くことは、オセロを上達する上で大きなプラスになると思います。
まけた対局で勝者にコメントされるのが嫌いな人もいるかもしれませんが、成長するチャンスですし、積極的に会話してみてはいかがでしょう?まあ、私も本当に悔しい時はあまり会話したくないこともありますが。。。

お昼の休憩時間が長い理由は、大会参加者間でコミュニケーションをとる時間を多く取ろうとしたからです。
これは、普段はネット等でしか話さないプレイヤー同士をまとめて岐阜ターミナルOPに呼び込んで、オフ会のような役割も果たせるようにしたら、参加者が増えるかな?と考えたからです。

以上のこと、岐阜ターミナルOPを最初に開催したときに考えていたんですね。明日のために大会案内を印刷していて思い出しました。

| | コメント (2)

2008年2月15日 (金)

二+二段のオセロ心理学

岐阜ターミナルOPの予約者数は20名となりました。
たくさんの申込みありがとうございます。

Dなべさん、タイトルぱくりスミマセン

オセロに限らず、人VS人の対局は程度の差はあれど心理戦の要素を持っていると思います。精神面での有利は盤面の有利につながることが少なくないでしょう。
以下、心理戦って程大げさなものではないですが、経験談。
 

<先日E四段との対局の時、私が打った直後>

E四段「その手って、前回検討で悪手って話になったんじゃありませんっけ?」
しん「いや、でも後で見てみたら悪くなかったんだよ」
E四段「知ってたか、残念。」
しん(心の中):悪手打ったと思わせて動揺を誘ったのかな?だったらこっちも・・・
しん「あ、よかった。本当に悪手じゃなかったんだ。実は調べてなかったんだけど、その反応のおかげで悪手じゃないって確認できたよ」
E四段「カマかけられたか。。。」

実際は最初から悪手じゃないって知ってたんですが、あたかもE四段の反応で悪手じゃないとわかった演技をしてみました(。-_-)
このことが勝負に影響を与えたかどうかは全く分かりませんが、この会話で、「してやったり」って気分にはなれました。
 

<同日I六段との対局時>

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++●○++●+
4++○○○●++
5+○○○○○○+ 黒番:しん
6+○○●●●●+
7++○○●+++
8++◇●●●++

ここでの私の思考

1.おそらく最善はB8。ただし辺をとるときはある程度将来のことを読む必要がある。
2.しかし今回は15分持ちと持ち時間が少ない。
3.下辺を他って置いても、おそらく白がすぐに下辺を取ることはない。
4.だったら、考えどころの下辺は相手にそのままお返しして、相手が考えてるうちに下辺を取るタイミングを考えよう。

以上の思考、実際は文章にするほどはっきりとした思考ではなく、ぼんやりとそういった内容のことを瞬間的に考えた。って感じです。で、打った手は平凡そうなB3。

以降、中盤後半で私の読み違い悪手を咎められ、終盤は逆転なく敗れました。

その後、I六段と会話をしていたんですが、その中で
I六段「この局面(上図)で、辺をとるかどうか考えちゃんと時間使うから、ここは取らないと決めて・・・」
という一言がありました。

心理戦とはちょっと違うかもしれませんが、いわゆる「読み」以外の要素が勝負に影響を与えることは時々あると思います。

そういえば、次のような会話もしたことがあります。

しん「どっちに打つか散々考えて決めかねている時に、相手がお茶を飲もうとしたらその瞬間に石を置くことがあるよ」
S三段、S1級「え、そんなこと気にするの!?」
しん「以前T五段がそう打ってそうだな、って思ったことがあって、以降まねしてるんだ」
O四段「え?それって当たり前じゃないの?」

姑息ですかね?私は針落ち狙いも立派なオセロの戦術と考えている人間でして、人と人の対局ならではの要素については「面白い」と感じます。

以下コメント返し

>わしさん
唐突な誘いに対して丁寧な対応をしていただきありがとうございますm(__)m
また対戦するときはよろしくおねがいします^^

>バタバタ3さん
予約ありがとうございますm(__)m
実は今朝バタバタ3さんの読みまして、「お、岐阜ターミナルOPのことを書いてくれてる。」と思い、コメントを書き込もうとしたんですが時間がなく後回しにしちゃってました。
当日よろしくおねがいします^^

| | コメント (3)

2008年2月14日 (木)

岐阜ターミナルOP予約状況

1件連絡です。

2/14の15時半頃予約メールをくれたI1級様、予約受け付けました。メールでの返信がなぜか出来ませんが・・・

ここを見ているとは限りませんが、書かないよりはマシだと思うので。

 

現在予約者は16人です。これで優勝者に1万円出してもほぼ赤字なしです。
さらに、当日参加者も何名かはいると思いますので、2位、級位者TOPの人にも賞金が出せるかもしれません。
三段以上のプレイヤーが7名いますので、全勝優勝三段でも緩い基準ではないでしょう。
(昇段規定が変わって、三段に昇段できるのはすでに初段以上の資格を持っている人のみですが)

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

Zebra

黒番

 

 

岐阜ターミナルOPの宣伝の意味で、今週は極力ブログを書こうと思います。

上の局面は関東大王戦で引き分け勝ちした一局からです。(しん=黒)

この局面、時間があればカウンティングで99%最善を打つ自信があります。が、実戦時と同様時間に追われていた場合、最善を打てるのは50%以下かもしれません。

この対局、どうも41手目まで双方最善ですすんでいたようです。私は32手目辺りまでは一応暗記範囲だったんですが、「研究時にみたことあるよな?」って程度の記憶だったため1手ずつ考えながら打っていました。
大して対戦相手のW三段は40手目前後まで完全にノータイム即打ち。
即うちでかえされるのって精神的に結構効きますね汗。どちらかというと普段は即うちで返している側なんですが・・・

| | コメント (0)

2005年以降のまとめ

岐阜ターミナルOPの予約は現在14名。もう一人の予約もありそうです。

 

奥さんが里帰り出産に備えて子供といっしょに実家に帰ったために、久しぶりにのんびりPCの前に座れます。

ので、以前からまとめようと思っていた過去対戦成績を記録が残ってる範囲でまとめました。
記録が残っているのは2005年以降でエクセルにまとめてあるので、簡単に整理できると思ったんですが・・・対戦相手の名前を微妙に違う形で登録していたりして、予想外に手間を食いました。

3年間+αで356試合、260勝勝率76%。という集計結果になりましたが、どこかに間違いがありそう。各年の勝率から考えると72~73%位のはずなんですが・・・
というわけで、もしかしたらところどころ間違いがあるかもしれません。

最多対局数
 T田五段、E崎四段が同数で28戦。3位はM本四段18戦

最多勝利数
 E崎四段、20勝 2位はT田五段 18勝

最多負け数
 T田五段、10敗 2位はE崎四段 8敗

2戦以上対局して一度も勝っていない人
 T則九段 0-4 S国九段 0-3 S生六段 0-2 N島(法)三段 0-2 T永八段 0-2

10戦以上対局してもっとも勝率の悪い人
 T田五段 64.3% (2位が奥さんの66.7%)

あえてまとめるまでもなく、対局数TOPの二人は予想がつきましたし、その二人との対局がずば抜けて多い以上最多勝利、最多負け数もこの二人で1位2位。
T則九段、S国九段に勝てないってこともいまさらですし・・・

結構時間をかけた割にあまり面白くないデータになってしまいました。
ちなみに対奥さんの勝率は、おこずかい争奪戦分を合わせると負け越しに変ります。
終盤勝負になると向こうの方が強いんですよね汗

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

関東大王戦結果

完全なサブマリンで勝ち越しました。
4-2という結果だけ見ればよくがんばったといえると思います。

・・・が、優勝がなくなったあとで勝ち始めるというのがとても情けない汗

そういえば去年の名人戦でも決勝進出の目がなくなってから全勝した気がする・・・

今回の大会で今後の強化項目が見えた気がするので、名人戦に向けてそこを強化していこうと思います。

 

<連盟レート更新>

レート更新担当の方ご苦労様です。

自分の位置に関しては思った以上に上にいたのでちょっとびっくり。次の更新まで今と同じかそれ以上のレートでいられるといいなぁ。

 

<岐阜ターミナルOP>

現時点で12名の予約です。まだまだ予約を受け付けております。

まあ、定員オーバーはよほどないと思いますので焦って予約をする必要はないかもしれませんが、予約するデメリットはありませんし、万が一ということもありますので、特に遠方からのご参加の場合は予約をオススメします。

| | コメント (2)

2008年2月10日 (日)

明日は関東大王戦

関東大王戦は他地区のトッププレイヤーと対局する絶好の大会で、非常に楽しみです。

非常に楽しみですが、正直明日勝ち越す自分をあまりイメージできません。勝ち越し確率=全敗確率の感覚だったりします。

でも、大会参加者15人(自分除く)のうち、1度対戦した人が6人。(4勝2敗)複数回対戦している人が4人でうち3人に勝ち越しと、結構自分ががんばってたことに気づきました。
まあ、勝ちの多くがラッキーパンチ的なものであまり自信につなげられる内容じゃないんですけどね・・・

とにもかくにも、当日はがんばりたいと思います。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »