« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月20日 (木)

王座戦終えて

結果、今回も五段の権利は取れませんでした。

明らかに実力不足です。4勝2敗1分と勝ち越しはしましたが、勝ったのは全て四段以下、5段以上のプレイヤーにはキッチリ負けていますので、某E君のようにあたりの厳しかった4勝未満の人のほうが内容が上だったと思います。(そこらへんはブライトウェルポイントからも見て取れます)

以下、今回印象に残った局面です。

F5D6C3D3C4F4F6G5E6F7D7C5G3E3D2E7C6B5B6B4A4E2G6C8H4B3F3G4D8E8H3A6A5D1A3A2F2C2
\ABCDEFGH
1+++○++++
2○+◇○○●++
3○○○○●●●●
4○●○●○●●●
5○●●●○●●+
6○●●●●●●+
7+++●○○++
8++○○○+++ 黒番(しん)

この時点まで、不利は間違いない。と思っていました。が、ふっとG8に目がいき、G8と打てばその後の白が難しいんじゃないか?と感じ・・・

\ABCDEFGH
1+++○++++
2○+○○○●++
3○○○○●●●●
4○●○●○●●●
5○●●●○●●+
6○●●●●●●+ 白番(鬼神九段)
7+++●○●++
8++○○○+◆+

この局面をぱっと見たとき、「お、まだ戦える」と思ったんですけど、さほど時間をおかずに打たれた鬼神様の手を見て、しばらく考え・・・勝てないな。と感じました。

| | コメント (1)

2007年9月11日 (火)

中盤

最近過去棋譜反省をしていると、以前に比べて中盤が反省点に上がることが多くなりました。
理由はよくわかりませんが・・・

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++++○
3◆●●●●●○+
4○●○○○○○+
5+○●●○○●○
6●+○●○●○○ 白番
7+++○●●+○
8++++○●++

この局面、現時点の私の手筋では、D2もしくはC7の2択になります。ただ、D2はちょっと手数が足りなさそうだな。という印象を受けますので、C7に打つことになるでしょう。

しかし、C7は緩手で、最善はG8だそうです。
以下、自分なりにG8が最善である理由を考えてみました。

まずは・・・

・D7からH3へのラインが通っているため、黒は今のままではC8と打てない。
・D7からH3へのラインが通っているため、白C7の後、黒は斜めを返さずにC8に打てる。
・C7に打つにしろ、G8に打つにしろ、左辺は、黒A5白B6黒A7と処理されることが予想される。

そして、左辺を処理すると白にはF2というそこそこいい手が生まれます。白F2の後、黒は下辺にいい手が残っていないはずなので、黒はF1と粘るしかないでしょう。F1とうつとD7からH3へのラインが切れます。

以上を踏まえて・・・
C7を最初に打った場合
C7A5B6A7F2C8G8F1
\ABCDEFGH
1+++++◆++
2+++++●+○
3●●●●●●○+
4●●○●○●○+
5●●●●○●●○
6●●●○○●○○
7●+●○●○+○
8++●+○○○+

G8を最初に打った場合
G8A5B6A7F2F1C7C8
\ABCDEFGH
1+++++●++
2+++++●+○
3●●●●●●○+
4●●○●○●○+
5●●●●○●●○
6●●●○●●○○
7●+●●●○+○
8++◆+○○○+

要するに、F1とC8の順番がどっちになるかで、D8の意味が違ってくる。

この二つの局面を比べるなら、後者の方が白にいいのは明らかです。まあ、G8とC7の違いが上記二つの局面の違いにつながる。と判断するのは非常に難しいんですが。

| | コメント (0)

2007年9月10日 (月)

コツコツと

今日も終盤練習セット消化。

過去棋譜反省も実行。その検討中でてきた局面が

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++○++++
3+++●●●○+
4++○●●○○◇
5++○○○●○○
6++○○●●○+ 黒番
7+++●●●++
8++●+++++

この局面、私がまず見るのがH6です。他にはB3あたりも打ちそうです。

ところが、どうやらこの局面での最善は

\ABCDEFGH
1+++◆++++
2+++●++++
3+++●●●○+
4++○●●○○○ D1
5++○○○●○○
6++○○●●○+
7+++●●●++
8++●+++++

あんまりいい形に見えません。見えないんですが、確かに白の応手がない。

私が打ちそうなB3やH6も今回は悪い手ではないんですが、時にはD1のような手以外不利になる。というケースもあるかもしれません。そういうときにD1みたいな手を、、、打つ自信がないです。
D1のような手を打つ人っているのですかね?いるとしたらどういう思考で打つんだろう。。。

#以降、前回の終盤問題の解答+ごちゃごちゃと#

\ABCDEFGH
1++○++●++
2○+○●●+++
3○○○●●●●+
4○●○○●●●○
5○●○○●●●○
6○○○●●●◆○ 白番
7○+○○○●+○
8+●●●●●●+

この局面で白勝てるのは、H3かG2です。最善はH3。
終盤問題として出すと、とりあえず星から考えるって人が少なからずいますので、それに逆らって星以外を正解にしたかったんですが、、、G2でも一応正解なんですよね(-_-)

ちなみに、H3F2の後に、白はG7と打ちます。焦って星に打たず、準備を整えて星に打ちましょう(・_・) ・・・まあ、いきなりG2でもいいんですけどね。

じばくさんのG7は、実戦で私が打った手です。G7には黒B7が嫌だな、と思っていましたが、その後E1F2にはG1で白勝ちだと読んでいました。

\ABCDEFGH
1++○+○○◇+
2○+○○○○++
3○○○●○●●+
4○●○○○●●○
5○●○●○●●○
6○○●●●○●○ 参考図
7○●○○○○○○
8+●●●●●●+

でも、実はG7を打つ前の読みで、G7B7E1の後、B2でどうしよう?とも読んでたんです。

\ABCDEFGH
1++○+○●++
2○◆○○○+++
3○●○●○●●+
4○●○○○●●○
5○●○●○●●○ 参考図
6○●●●●○●○
7○●○○○○○○
8+●●●●●●+

この形を頭の中で並べた時は白負け。と判断したんすが、いろいろ頭で考えているうちにすっかり忘れてG7を打ったんですが、実は黒G7でも白+6だったようです。

じゃあ、なぜG7がダメかというと

\ABCDEFGH
1+◆○++●++
2○+●●●+++
3○○○●●●●+
4○●○○●●●○
5○●○○○●●○
6○○○●●○●○
7○+○○○○○○
8+●●●●●●+

G7の後黒B1、で負けるそうです。以降最善で終わることは少なそうですけどね。

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

読む早さ

最近、読むのが遅くなりました。

オセロじゃなくて、漫画、ですが(-_-)

以前は、単行本1冊読むのに10分~15分あれば十分だったんですが、最近20分以上かかってしまいます。

オセロの方の読む速さは、、、遅くなってないといいなぁ。

土曜、日曜のオセロ練習は、それぞれ終盤問題4問セットと、過去の棋譜反省一つ。を消化。あとは、カーニックでで数局打ったのと、同じくカーニックで鬼神九段の観戦。

そのカーニックででてきた局面が

\ABCDEFGH
1++○++●++
2○+○●●+++
3○○○●●●●+
4○●○○●●●○
5○●○○●●●○
6○○○●●●◆○ 白番
7○+○○○●+○
8+●●●●●●+

終盤問題として、それなりにいい問題だと思います。

| | コメント (2)

2007年9月 8日 (土)

連盟レート

更新されたようです。

・・・が、まだ内容を見れていません。というのも、以前のパスワードで中を見れないから。

パスワード変ったんですかね?5年継続会員でも毎年パスワード変るのだろうか?ってか、そもそもこの時期にパスワード変るのかな?

| | コメント (2)

2007年9月 6日 (木)

練習

今日も、終盤練習。
ドルフィン6,7,8空き、イカール8空きを3分持ちで。

あとは、昔の棋譜鑑賞。ただ単に、お小遣争奪戦の棋譜がデスクトップに仮保存していたのでちょっとのぞいただけですが。

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++●++++
3○○○●●●+●
4○○○○○○○●
5○○○●○●○●
6○○●○●●●● 白番
7○+○○○●+●
8++●●●●◆+
ここまでの進行で、白はG7 を覚悟して打ちすすめてます。
この局面でのG7は最善で白勝ちなんですが、こんな一か八かな進行は選ぶべきじゃないかもしれません。他に勝ちがないならやむなしですが・・・

\ABCDEFGH
1++++++++
2++◆●++++
3○○●●●●+●
4○○●○○○○●
5○○●●○●○●
6○○●○●○○● 白番
7○+○○○○○●
8++●●●●●+
そしてこの局面、当初の構想ではB2でした。が、B2A2のあとを上手く裁く自信がありませんでしたので、E1と敗着。

B2の構想を捨てた理由は、B2A2A1ではいずれH8を打たれてしまうのがほぼ確実だったから、です。だからと言って、E1ならH8を取られないと読めたのか?といえばそうじゃないわけで、、、この辺り、私が弱い要因のひとつだな。と思います。
B2A2B7も、白にとってもちろん有力な筋と気づいていたんですが、その後B7と取られた局面を頭の中でイメージした結果、B8とH8がお見合いになるからだめ。と切り捨ててしまいました。

実際にその局面を見てみると。。。

\ABCDEFGH
1++++++++
2●●●●++++
3●●○●●●+●
4●○●○●○○●
5●○●●○●○● 白番
6●○●○●○○●
7●●○○○○○●
8◆+●●●●●+

B1が非常に有力です。黒G3の返し手が結構強力そうに見えますので、100%B1を打てるか?と聞かれると断言できませんが、まず打つでしょう。

こう振り返ってみて気づくのが、「実際に見てみると自分が有利」と判断できる局面を、数手前にイメージした時には有利と判断できないがために、勝ち筋を切り捨てて負けてる。ということ。
こういう負け、かなりの比率を占めてます。これを減らすには、読みの能力を上げるしかないんですかね?自分の読みの能力には激しく自信がないだけに、こういう弱点が浮かび上がると気がめいります(-_-;)

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

練習

本日練習は、6個空き、7空き個、8個空きのドルフィン終盤問題と、8個空きイカール終盤問題を持ち時間3分で。

本当は、これに加えて過去の対局の反省1局。を日課としたいのだけれど、時間が足りませんでした。

どうにも最近、読むスピードが遅い上に粗い。1手先の局面のイメージすらまともに出来やしない。カウンティングの精度速度にモロ利いてきます。

第一感は以前より調子がいいくらいなんだけどなぁ。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »