« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

観戦対局から

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++○+○
3+○○○○○○○
4◇○○○○○●○
5++●○●○●○
6++●○○●●○
7+++○●●●+
8++○○+●++黒番

木曽川OP決勝からの抜粋局面です。
この時点で黒有利なのですが、1手を除いて形勢五分になります。

その1手というのがE8。その後白H7,黒C7って流れで下記局面になります。
\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++○+○
3+○○○○○○○
4○○○○○○●○
5++●○●○●○
6++●○○●○○
7++●●●●●○白番
8++○○●●++

こうしてみれば、確かに黒悪くなさそう。
しかし、最初の局面で大抵の黒番のプレイヤーが考えていることは、「7列を真っ黒にしてはいけない」ってことだと思います。となると、仮にずっと先を読む能力があっても、1手読みでE8を切り捨ててしまい、E8を打つことはできないでしょう。黒はD2あたりでも形勢が五分なので、そこが最善と判断しE8を打つ可能性はさらに下がりそうです。
自分が不利なときに、今回のように相手が最善を打ちにくい形を作り不利を打開する技術って大事ですね。ただ、その技術の実態が私にはイマイチ分からず悩ましいのですが・・・

\ABCDEFGH
1○○○○○○○●
2++●●●●●●
3◆●●●●●○●
4●●●●●○○●
5●○●○○○●●
6●○○●●●●●白番
7++○○●●●●
8++○○+●++

再び木曽川OP決勝からの抜粋。ここで奥さんは石損して引き分け負けしちゃいます。
実戦ではここでA2B2と進んだ後、ほぼ全ての進行を数え、「引き分けだ・・・」と読みきってました。
A2と打った後のB2は必須なので、A2B2の後全手順を数えられるくらいならA2と打ったときに引き分けてしまうことは十分数えられたはず。そうすればA2は選択しないので高確率でH8を打ち勝ってたでしょう。

要するに上記局面で奥さんは、勝ちきるための要素は持っていたのに数え始めるタイミングを間違えた為に負けたことになります。
こんな感じで、「じっくり考えるべきタイミング」でちゃんと考えたかどうか?というのは勝敗に直結し、またそういうタイミングにちゃんと手を止めて考えれるかどうか?というのも実力の一部なんでしょう。

| | コメント (3)

2006年9月25日 (月)

木曽川OP

昨日は30分持ちの木曽川OPでした。

今回は会場には行きましたが不参加で、子どもと一緒に奥さんの応援にまわりました。
世界選手権のときも水戸まで3人で行き、待機していることになるのでその予行練習も兼ねてます。

ありがたいことに、子どもの面倒を手伝ってくれる見学者の方や参加者の方がいたので、
私はいろんなところの対局を見学することもできました。
大会としては、決勝で世界選手権参加者二人が当り、盤面では引き分けるという見ていて面白い大会でした。

しかし最近奥さんがんばってる。出産明けの12戦で六段以上には4戦して勝ちがないものの、無差別五段3人、四段2人を含む有段者8人に全勝してるのはちょっとすごい。
悔しいけども同じメンバーと自分が対局したとしてこれ以上の内容を残すことはまず不可能だろう。

願わくば今の調子、あるいはそれ以上の調子で世界戦を戦ってほしいなぁ。

| | コメント (2)

2006年9月24日 (日)

三河OP

久しぶりの大会だったのでしっかり楽しみました。
三河OPは大会後もかなり遅くまで会場が空いていて練習対局ができるので久しぶりに時短などたくさん打ちました。
今回は将来有望そうな大会初参加者が多くいたのもうれしいことでした。リピーターになって今後も着てくれるといいなぁ。

大会結果としては一応優勝はしたものの、T5段には事実上2敗しており(1局は針落ちで勝ってますが)悔しさの残るないようでした。
最近T5段に対して内容的に押されているので何とかしなくては(-_-)

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

勉強になった局面

\ABCDEFGH
1++●●●+++
2●+●●●+++
3●●●●○○++
4●●●○●○●● 黒番
5●●●●●○○●
6●●●●○○○○
7●○●○●●++
8++○●●+++

観戦していた某対局より抜粋。
黒苦しいながらも「なんか在るかなぁ?」って気配がするこの局面。
私はF2しか何か起きそうなところはないかな?って思ってたんですが、それは大悪手。

しかし、何か在るって言うのは正解で、ここでG3と打つと黒勝ちだったようです。
G3には白H3が筋で、その後は黒A8と打ちます。A8には白F8が必須。(下記局面)

1++●●●+++
2●+●●●+++
3●●●●●●●○
4●●●○●●○○
5●●●●●○○○
6●●●●○○○○
7●●●○●○++ 黒番
8●+○○○◇++

この局面を見れば分かるのですが、黒H7が好手。白H8と取ると、黒G8に対してB8と割り込むことができない。
かといってH8以外にいい場所もなく・・・

こういう手順もあるんですなぁ。

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

珍しくオセロ以外

先日TVで、「右脳を鍛えよう」って趣旨の番組をやっていました。
その内容の中では、「左利きの人は20%以上年収が多い」というデータを紹介していました。

左利きの人のほうが年収が多い。という情報は別のところでも見たことがあるので、根拠がないデータではないのでしょう。ただ、私が見た情報には続きがあり、

「ただし、そういった傾向が見られるのは男性だけで女性には違いが見られなかった」

と書いてありました。番組欄などにこの一文があるかないかでTVを見るか見ないかが別れる人もいるのではないでしょうか?そしておそらく、書かない方が視聴率は上がるでしょう。

つまりTV番組は
「嘘は言っていないが、視聴者がTV番組にとってマイナス判断をするであろう情報を意図的に隠す」
という行為をしていることになります。
どうも最近のTV番組は報道番組も含め、正しい情報は発信しているが、それを見た人が誤解しやすくなるように(盛り上がるように?)情報を制限しているような気がします。

よく言われる言葉だけども、情報に振り回されないことがこれからは大事ですなぁ。

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

最近は

しばらく大会がなかった+予定もない、のですっかりスパーリングパートナー専門です。

家で「この定石を打とう」と決めて、仕事の休憩時間にCOBURAを使ってその定石での棋譜をちらほら並べる。ってことをしています。

パケ放題にしていないのでネット接続はしないで利用してるんですが、やっぱり便利ですねぇ。つい先日まではCOBURAを使えない携帯だったのでいま非常に満足してます。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »