« 王座戦申込み期間終了 | トップページ | 5歳の甥とのオセロ »

2006年8月12日 (土)

世界選手権代表の優先順位

今年の無差別日本代表者は、中島八段、今岡六段が現時点できまっています。
今岡六段は全日本2位ですが、中島八段がすでに代表権を持っていたため繰上げで代表になっています。

つまり、名人戦2位よりも全日本2位の人のほうが世界選手権代表の優先順位が上ということになります。
こういう優先順位に関しては、事前に決めて告知しておく必要があるのではないか?と思います。(私が知らないだけで告知はあったのかな・・・?)

そして今度の王座戦。再び中島八段が優勝した場合世界選手権代表者は王座戦2位と名人戦2位でどちらになるんでしょう?
オープン参加の名人戦と全日本より基準が緩いとはいえ選抜参加の王座戦なので、王座戦2位に優先権があるのか、大会に歴史がある名人戦の2位に優先権があるのか・・・
個人的には西日本からの参加率がどうしても低くなる王座戦を名人戦より上位に持ってくることはできれば避けてほしいのですが、、、

さらに、今年の場合は関係ないのですが、王座戦2位と全日本2位の優先順位も気になります。
全日本2位の方を優先してほしいのですがどうなのかなぁ・・・

また今年にしても、例えば菅生六段が王座戦で2位になって中島八段以外の人が優勝した場合、
全日本2位 > 名人戦2位+王座戦2位 という優先順位になります。
ということは、もし王座戦のほうが全日本よりも優先順位が高かった場合、
王座戦2位 > 名人戦2位+全日本2位 ということになるでしょう。

優先順位がどうあるべきか、に関してはいろんな判断基準があると思うので、「こうあってほしい」という希望はあっても「こうあるべきだ」というつもりはありません。でも、優先順位は事前にきちんと決め明らかにしておいてほしいと思います。

|

« 王座戦申込み期間終了 | トップページ | 5歳の甥とのオセロ »

コメント

王座戦での世界選手権代表権については、
http://www.othello.gr.jp/ps1/o11.html
によると、

「世界大会代表 王座、女流王座とし、既に権利を持っている場合は次点の者」

となっています。

言い換えれば、「既に権利がある人以外の最高順位者」かな?


全日本選手権の際の世界選手権代表権については、今確認で
きる資料の中では、オセロニュース87号(2006年4月発行)に、

「名人、女流名人が優勝した場合、準優勝者を代表とする」と

と書いてあります。

投稿: A_Shiganosuke | 2006年8月12日 (土) 19時14分

ちなみに私、世界選手権の代表権について、過去にエラい恥ず
かしい思いを掲示板上でしています(汗

今日の当方のブログのネタ、その時の話にしようかなぁ(大汗

投稿: A_Shiganosuke | 2006年8月12日 (土) 19時17分

>「世界大会代表 王座、女流王座とし、既に権利を持っている場合は次点の者」

この文章における次点という言葉が指すのは、「準優勝者」なのか、「既に権利がある人以外の最高順位者」なのかどっちなんでしょうねぇ?
前者の場合、準優勝者がすでに権利を持っていた場合誰が代表になるか不明ですし、後者の場合条件によっては王座戦5位の人が代表になりえますよね。

しかし、いずれにしてもその文章から判断すると、
「王座戦2位」 > 「名人戦2位+全日本2位」
って優先順位になってるのかなぁ。

投稿: しん | 2006年8月12日 (土) 21時14分

あえて「準優勝」と書かずに「次点」だから、後者だと思ってました(汗

でも、後者ならもっと別な書き方があるかぁ・・・・

何気に深い・・・

投稿: A_Shiganosuke | 2006年8月12日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王座戦申込み期間終了 | トップページ | 5歳の甥とのオセロ »