« 全日本選手権前 | トップページ | 全日本第一局の反省 »

2006年7月17日 (月)

実力アップのために

全日本では実力不足を痛感することになりました。以下自己分析。

半年前の自分と比べて能力アップした部分は、難解な局面に誘導する能力と、難解な局面を裁く能力だと自己評価しています。その結果、序盤で不利になってしまっても粘って相手のミスを誘い、相手より石損を少なくして不利→五分→勝ち。という以前はできなかった勝ち方ができるようになり、勝率が上がったのでしょう。

しかし全日本で中部にはいないベテランの強豪と対局して気づいたのですが、手に入れた上記能力はまだまだレベルの低いものだった。ということです。難解な局面での力勝負になった場合、経験の浅い若手のプレイヤーには通じるのですが、ベテランには通じませんでした。(力負けしてはいないと思うけど、不利を覆すことはできなかった)もう一段階上を目指す必要がありそうです。

もう一つ全日本で気づいたことは、自分の序盤対応力が低下してることです。おそらく毎度おなじみのメンバーとしか対局をしていないので、ネット対局を全くしていないのが原因でしょう。これも対策が必要に思えます。

難解への誘導とその裁き能力に関しては今まで同様の練習を。序盤対応力については、以前行なっていた序盤対策の再開で、今後がんばっていこうと思います。

|

« 全日本選手権前 | トップページ | 全日本第一局の反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日本選手権前 | トップページ | 全日本第一局の反省 »